毛穴のたるみの原因と改善方法

 

毛穴のたるみの原因と改善方法についてまとめてみた。

 

20代半ばくらいから、毛穴が縦に垂れ下がってくることがある。

 

ぱっと見で毛穴が目立っていると「毛穴が開いてる!」と思うかもしれないが、実はこれ、たるんでいるのである。

 

たるみ毛穴は鼻の横の毛穴にできやすく、加齢で頬がたるんできたことが原因だ。

 

加齢と聞くとショックかもしれないが、放っておくとたるんだ毛穴が連なって帯状毛穴になってしまうので、たるみで済んでいるうちにしっかりケアしていこう。

 

 

毛穴のたるみの原因

 

肌のハリ・弾力のなさ

 

毛穴のたるみ最大の原因は、肌のハリ・弾力のなさだ。

 

25歳くらいから肌のコラーゲンは減り始めるので、ハリ・弾力も徐々に低下してくる。

 

25歳以降に頬の毛穴が気になり始めたという人は、たるみ毛穴の可能性もあるので鏡で毛穴の形をチェックしよう。涙のように垂れ下がった形ならたるみ毛穴ということになる。

 

 

頬の筋力の低下

 

頬の筋肉が弱くなったこともたるみ毛穴の原因の1つだ。

 

サスペンダーのように頬を引き上げてくれる筋肉が弱くなると、支えきれなくなってたるんでしまう。

 

加齢のせいだけでなく、ふだんから顔の筋肉をあまり使わないでいると早くからたるむこともある。

 

 

毛穴のたるみを改善する方法

 

肌のたるみケア

 

毛穴のたるみを改善するのに、毛穴用の特別なケアをする必要はない。

 

肌のたるみを改善するケアだけでじゅうぶんだ。

 

レチノールやビタミンC誘導体のような肌のたるみに効く成分が入っている化粧品を使うようにすること。これだけでOKだ。

 

25歳以降は、生成されるコラーゲンよりも分解されるコラーゲンの方が多くなるので、コラーゲン不足によって肌のハリがなくなってくる。これを改善してくれるのがこれらの成分だ。

 

コラーゲンの生成を促して、たるみに負けないハリのある肌をつくってくれる。

 

 

頬の筋トレ

 

頬の筋トレをしてたるみを改善するのも効果的だ。

 

頬には、サスペンダーのようにいくつもの筋肉が張り巡らされている。

 

頬の筋肉を意識して、「あいうえお」を大きな口で言ってみよう。

 

口にするのが恥ずかしい場合は口パクでもかまわない。トイレやお風呂でもできるので、こまめに実践してたるんだ毛穴を引き上げよう。

 

 

 

まとめ

 

毛穴のたるみは長い年月をかけて少しずつたるんだものなので、即効性はあまり期待できない。

 

でも、地道にケアを続ければ、少しずつかもしれないが確実に改善することができる。

 

あきらめずに、今日も自分の肌をかまってあげよう。

 

 

カテゴリー: 毛穴の種類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です