毛穴を予防する洗顔方法 

 

 

毛穴は、一度目立ち始めるとなかなか消えてくれない。

 

「一度開いた毛穴は閉じない」ともよく聞くし、諦めモードになる日もある。

 

でも、毛穴を目立たなくするには、クレンジング・洗顔で毎日きっちり汚れを落とすことが基本中の基本だということを知ったので、備忘録として書いていこうと思う。

 

 

 

毛穴が増えることはない

 

まず、毛穴の数は生まれつき決まっているらしい。

 

途中で増えたり減ったりするものではなく、大きく開いて目立つようになると増えたように感じるだけ。

 

ということは、年とともに毛穴が気になってくるのは、毛穴が増えたからではなく大きく開いたからという事だ。大きく開くことで汚れも詰まりやすくなってしまう。

 

 

毛穴を予防する洗顔方法

 

毛穴を予防するには、まず汚れをしっかり絡めとってくれるクレンジング剤でクレンジングすることが大切だ。

 

濃い目のメイクをした日なんかはオイルクレンジングでしっかり落としたり、クレイの洗顔を使うのも良いだろう。

 

いくら肌に優しくても、しっかり汚れが落ちないものは長い目でみて肌にいいとは言えない。

 

メイクや皮脂汚れをしっかり吸着して落としてくれるものを選ぶことが大事なようだ。口コミをチェックして、メイクが良く落ちるものを試してみようと思う。

 

ちなみに、スチーマーで毛穴を開いてからクレンジングをするといつもよりしっかり汚れが取れるので良いらしい。

 

洗顔するときは、泡ができるだけ濃密になるように、水を少なめにして泡立てよう。そのほうが毛穴の隅々にまでいきわたってくれる。

 

泡を顔にのせたら、泡を転がすようにしてあらゆる角度から洗おう。手と顔が触れないように注意しながら、毛穴が気になる箇所は特にしっかり洗うようにする。

 

洗い終わったら、柔らかいタオルで優しく拭きとろう。

 

やっぱり、毛穴のない美肌の人は、日々のケアを抜かりなく丁寧におこなっている。

 

結局、毛穴を一瞬できれいにする方法など無い。あったとしても、すぐにまた汚れが詰まって元に戻ってしまったりする。

 

クレンジングと洗顔をしっかりするという当たり前の積み重ねが毛穴レス肌につながるのだ。

 

「毎日ちゃんとクレンジング洗顔してるのに毛穴がきになる」という場合は、きちんと落とせていないか、たるみによって毛穴が目立っている場合もある。

 

たるみによる毛穴についてはこちら→たるみ毛穴の原因と改善方法

 

まとめ

 

毛穴に悩まないためには、毛穴に汚れを溜めないように毎日リセットする=しっかり洗顔することが大切だ。

 

眠い日はそのまま寝てしまいたくもなるが、地道でこまめなケアこそが毛穴のないつるつる卵肌につながるのだ。

 

耳が痛い話だが、今日から1日の終わりのケアもちゃんとしたいと思った。

 

 

カテゴリー: 未分類 パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です