毛穴の黒ずみの原因は角栓だけじゃない

 

毛穴が黒ずんでいると、角栓が詰まってるんだ!と思ってしまうが、必ずしもそうではない。

 

毛穴の黒ずみについて、原因と改善方法を書いていこうと思う。

 

 

毛穴の黒ずみの原因1 角栓

 

毛穴が黒ずむ代表的な原因はコレだ。角栓が詰まってから時間がたち、酸化して黒くなったもの。

 

(角栓とは、古い角質と皮脂が混ざって毛穴に詰まったものを指す)

 

角栓が詰まる原因は、毎日しっかりメイクや皮脂汚れを落とせていないことや開いた毛穴の放置など様々だ。

 

とくに、皮脂は洗顔料だけで落とせるが、古い角質はタンパク質でできているので普通の洗顔料では落としきれない。その結果、古い角質が溜まって毛穴に詰まってしまう。

 

これを改善するには、酵素洗顔を取り入れると良いだろう。

 

酵素ならタンパク質を分解できるので、洗顔だけでは落とせないタンパク汚れまで落とすことができる。

 

角栓が酸化して黒ずむ前に、詰まるものを洗顔で落としてしまえば良いのだ。

 

 

毛穴の黒ずみの原因2 開き毛穴

 

毛穴が黒ずんで見えるのは、パックリと開いた毛穴がポケットのように空洞になり黒く見えているという可能性もある。

 

毛穴が開くのは、皮脂の過剰分泌や乾燥などが原因である。

 

 

毛穴が開いて広がらないように、普段からしっかり保湿ケアをすることが大切だ。

 

皮脂が多いのも、乾燥していることが原因かもしれない。

 

乾燥していると、「うるおわなくちゃ」と肌が皮脂をたくさん分泌してしまう。

 

そんなことにならないためにも、普段から保湿ケアを抜かりなくしていこう。

 

 

毛穴の黒ずみの原因3 色素沈着

 

毛穴に何も詰まっていないし、毛穴が開いてるわけでもないのに黒ずんでいるという場合は、色素沈着によるものかもしれない。

 

毛穴の周りにグルっと色素沈着を起こし、毛穴が黒っぽくみえているのだ。

 

この場合は、シミと同じように美白ケアをすると効果的だ。

 

アルブチン、ビタミンC、プラセンタのような美白成分が配合された化粧品で、黒ずみが気になるところを集中ケアしよう。

 

紫外線にあたると悪化してしまうので、紫外線対策も忘れずにしよう。

 

 

まとめ

 

毛穴の黒ずみには「角栓によるもの」、「毛穴の開きによるもの」、「色素沈着によるもの」の3つの可能性があることが分かった。

 

毛穴の黒ずみ=角栓ではなく、あらゆる可能性を疑ってケアをして、確実に毛穴を綺麗にしていこう。

 

 

カテゴリー: 未分類 タグ: パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です