毛穴の開きの原因と改善方法

 

毛穴は、一度開くとなかなか閉じないと言われている。

 

毛穴に長く悩まないためには、そもそも毛穴が開かないようにすることが大切である。

 

そこで今回は、そもそもなぜ毛穴は開くのか?原因についてと改善方法についてまとめていこうと思う。

 

 

毛穴の開きの原因

 

乾燥

 

肌が乾燥していると毛穴は開きやすくなってしまう。

 

正確には、乾燥すると肌のキメが乱れるので、毛穴の溝(くぼみの部分)が目立ってしまい開いているように見えてしまうのだ。

 

どっちにしろ毛穴が目立つことには変わりないので、肌の乾燥はなんとしても阻止したいところだ。

 

 

皮脂の過剰分泌

 

毛穴は皮脂が出てくるポケットなので、皮脂がたくさん出ている人ほど毛穴も大きく開くことになる。

 

もともとオイリー肌の人だけでなく。ストレスや食生活、乱れた生活習慣によって皮脂が必要以上に出ている場合もある。

 

必要以上に皮脂が出ると、毛穴だけでなくニキビの原因にもなり良いことがない。

 

 

毛穴のたるみ

 

「毛穴が開いてると思ったら、実はたるんでいた」という事はよくある。

 

肌がたるむと、同じように毛穴も下へ下へとたるむ。その結果、下に垂れ下がったように毛穴がべろ~んと開いてみえてしまうのだ。

 

毛穴の形がまんまるの場合は開き毛穴、しずくのように垂れ下がった形の場合はたるみ毛穴ということになる。

 

 

毛穴の開きの改善方法

 

しっかり保湿

 

毛穴の開きが気になったらまず試したいのが保湿ケアだ。

 

しっかり保湿するだけで毛穴が目立たなくなることもあるくらい効果的な方法である。

 

ポイントは、チャチャっと化粧水などをつけておしまいではなく、何度もハンドプレスして手のひらでよく浸透させることだ。

 

このステップがあるかないかでかなり変わる。手のひらの温度で、化粧品が肌にしっかり浸透するまでハンドプレスをしよう。

 

 

脂の過剰分泌を抑える

 

毛穴の開きを改善するには、過剰に出ている皮脂を抑えることも肝心だ。

 

皮脂が必要以上に出ないように脂っこいものを控えるようにしたり、ストレスを溜めないこと、それから皮脂コントロール作用のある化粧品(ビタミンC配合のもの)を使うと良いだろう。

 

 

毛穴のたるみを改善!

 

毛穴のたるみを改善すれば、開いたように見える毛穴もマシになるはずだ。

 

レチノールやビタミンC誘導体のようなコラーゲン生成を促す成分が入った化粧品なら、減ってしまった肌のコラーゲンを増やしてたるみに効かせてくれる。

 

 

まとめ

 

一度毛穴が開くとなかなか閉じないというのは確かにそうかもしれないが、絶対に毛穴が閉じないという事ではない。

 

地味かもしれないが、毛穴レス肌になるためにコツコツ続けていこう!

 

 

 

 

カテゴリー: 毛穴の種類 タグ: , パーマリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です